タグ「ウイスキー」が付けられているもの

120411-1-3.jpg
東京・銀座にある私が大好きなバー「スタアバー」

11-12-08 22 42 22.jpgスタアバーの帰り、銀座にくるとどうしてももう1件BARに行ってしまう。

その店が銀座6丁目にあるLAND BAR。

まずは、この店で教えてもらった、氷なし・でもキンキンに冷えたハイボールをいただく。

20111126-high-bridge2.jpg
鹿児島グルメ堪能シリーズ:その3


鹿児島での披露宴、二次会を経て、鹿児島在住の元同僚と数年ぶりにあって飲むことに。

連れてきてもらったのは、鹿児島・天文館にあるバー「HIGH BRIDGE」。

オーナーは、日本バーテンダー協会九州地区本部常任幹事を務めているらしく、さらにお店に興味が。。。

Bar 「KISS」福岡・高砂

11-11-02 21 35 35.jpgつい先日行ったばかりなのに、また来てしまった。Bar KISSへ

今回も、サントリー祭りでございました。

バー「キス」福岡・高砂

Evernote 20111030 09:04:38.jpg
アルコリスタでの食事の後に、久しぶりにBARに行きたくなり、高砂にあるバー「キス」に行くことに。

P1001003.JPG
行きつけのバーで余市原酒25年を頂く。

このお店で「モルトクラブ」という会員になっているのですが、
その会員になるとちょっと珍しいウイスキーをまずは会員飲め、しかも安く飲めるという素敵すぎる会。

いや〜おいしゅうございました。

P1000905.JPG久しぶりの福岡大名のバー、一軒一杯ルールの企画。

P1000904.JPG福岡・大名にある行きつけのバーナイン。

ちょっと珍しいアイラいただきました。

P1000880.JPG月刊情報誌ELF(エルフ)主催のイベント。

「シングルモルト&タルト マリアージュナイト」に参加してきました!

場所は、福岡・大名の西鉄グランドホテル最上階。

シングルモルトは、サントリーさん。
タルトは、キルフェボン

という素敵なイベント。

P1000873.JPG福岡・大名にあるBar「バー ナイン」でボトラーズでスペイサイドのクラガンモアを頂く。

美食 bar 「椿」長崎・油屋町

P1000868.JPG長崎での結婚式が終わり、仲間内だけでの飲み会。

長崎に住んでいる友達に連れてきてもらったのが、美食bar「椿」。

店内の雰囲気よさげです。

バー「LAND BAR」東京・銀座

P1000865.JPG銀座のBAR 「ランドバー」へ、行くことに。

Bar「ランドバー」東京・銀座

P1000819.JPGまた、やってきました。ランドバー。

たまたま近くで1次会があったので、その二次会として公私ともに仲良くさせていただいている方とサシ飲みとしてこのランドバーへ行くことに。

Bar「スタアバー」東京・銀座

P1000815.JPGLAND Barの次に来たバーは、銀座スタアバー。会社の仲間が行ったことないといってたので、お連れする。

一杯目は、アードベック スーパーノヴァ。いきなりすごい酒です。ウマシ!

P1000778.JPG会社の同僚と焼鳥屋の次は、バーへ行くことに。

同僚もアイラが好きなので、アイラが楽しめるバーへ行くことに。

P1000743.JPG魚末で食事をした後の次の店として、福岡・大名にあるバー、TORYS BAR「トリスバー」へ行くことに。

ここにくると、当然トリスハイボールをいただく。やっぱり美味いです。

P1000730.JPG東京の友達と銀座で飲むことに。今回使ったのは、銀材にあるバー「スタアバー銀座」。

年に何度かしか行かないんですが、お店の方が覚えてくれているので、ついつい行ってしまう。。。

で、アイラ、特にラガヴーリンが大好きな私としては何度もラガヴーリンをよく飲んでいたんですが、今回飲ませて頂いたのは初めてラガヴーリン。

その名も「ラガヴーリン 1987 ダブルマチュード 」。

見せてもらった瞬間、ラガヴーリンとは気づかない「ブラックラベル」。
私は勝手に「ラガヴーリン・ブラックラベル」と呼びます。今から。。。

まずはストレートで。その次にトゥワイスアップで頂く。
16年がやっぱり好きですが、ダブルマチュードもこれはこれでおいしゅうございました!

好きな銘柄の別バージョンに出会う瞬間ほど、嬉しいことはないです。


バー【STAR BAR GINZA】東京・銀座
住所:東京都中央区銀座1丁目5−13
TEL:03-3535-8005
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★★☆☆
 【両親と一緒に 】★☆☆☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★☆
 【おしゃれ   】★★★☆☆
 【おいしい   】★★★★★
 【接客サービス】★★★★★

P1000721.JPG東京オフィスの同僚と飲みに行く。
連れてきてもらったのが、六本木にあるバカラのバー「B Bar」。

今回頂いたのは、ラフロイグ。
とはいえ、初めて見たボトルでボトラーズのもの。


後から調べてみると、
フェノール香が強く、時間と共に磯の香り、薫香が出てくる。刺激的でボディがしっかりとしている。オイリーで塩っぽさが口に残る。パワフルでドライな味わい。1999年6月23日蒸留、2008年7月17日282本のボトリング。
という珍しいボトルでした。

1件目飯食って、二件目バーにいって、三件目にこのB Barに連れてきてもらい、結構いい感じで酔っぱらってると、仕事の話から徐々に下世話な話で盛り上がり、最後は、他のお客がいなくなったのをいいことに、お店の方と一緒にくだらない話で大いに盛り上がる。

ほんと楽しいひとときでした。

バー【B Bar Roppongi】東京・六本木
住所:東京都港区六本木6-12-1 六本木ヒルズ けやき坂通り レジデンスA棟 1F
TEL:03-5414-2907
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★★★★
 【両親と一緒に 】★☆☆☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★★★
 【おいしい   】★★★★★
 【接客サービス】★★★★☆

焼き鳥「弥七」福岡・高砂

P1000713.JPGサントリーさんのトリスハイボール試飲会の後、懇親会として使ったお店が、福岡・高砂にある焼き鳥屋「弥七」。

この懇親会、サントリーの皆さん7名と、福岡のグルメブロガーさん7名の合計14人でやることに。

今回この企画に参加された福岡のグルメブロガーの一人、モサオさんとは、twitterで何度かやりとりしてたもののお会いするのは初めてだったので、こういう出会いも楽しみにしてました。

また、サントリーの方もわざわざ東京からこられたスタッフもいらっしゃって、この後はラーメンも食べると張り切っていたのはすごい印象的!ちゅうかおもろい方だったな〜

P1000711.JPG普通ならまずはビールで乾杯するところを、今回の趣旨でもあるトリスハイボールで乾杯から始まる。

この夏は暑かったせいか、とにかくビールばっかり飲んでたんですが、今回、「弥七」で焼き鳥食べながら初めから終わりまで、ハイボールというのを経験してみて気づいたんですが、ビールより飲みやすくて、これはおすすめかも!

先日の健康診断で尿酸値が基準値をちょいと超えてて気にしていたので、ビールを控える代わりにハイボールに切り替えようかなと。。。

P1000714.JPGこの焼き鳥のお店「弥七」には、トリスハイボールだけでなく、「コーラハイボール」「ジンジャーハイボール」「柚子ハイボール」そして、「山﨑ハイボール」がそろってて、ハイボール1つとってもいろんな種類があります。

途中で、トリスハイボールから浮気をしてみて、山﨑ハイボールを飲んでみる。グラスも専用のグラスで、いい感じです!

ただ、もともとウイスキー好きなものとして、山﨑ハイボール飲んだ感想は、やっぱり山﨑はロックか、ハーフロックが個人的には好きです。ということで、ハイボールは、スッキリ・さっぱりのトリスにまた戻って飲み続ける。

試飲会である程度トリスハイボールの知識が入っていたからかもしれませんが、知って飲むのは、また味わい深しです。

懇親会の終わりに、お土産で頂いたトリハイ専用のグラスは、なんとも嬉しいサプライズで、これから自宅でも作って飲みます。

焼き鳥【弥七】福岡・高砂
住所:福岡県福岡市中央区高砂1-22-2 アーク七番館1F
TEL:092-526-2589
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★☆
 【接待につかえる】★★★★☆
 【両親と一緒に 】★★★★☆
 【子供連れ   】★☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★☆
 【おしゃれ   】★★★☆☆
 【おいしい   】★★★★★
 【接客サービス】★★★★☆

福岡 居酒屋特集

P1000703.JPGサントリーさんから、トリスハイボールの試飲会に招待頂く。

仕事をバタバタと片付けて(ホントは片付いてないですが)、それでもちょっと遅刻して会場入り。

試飲会の趣旨は、
新しく出たサントリーウイスキートリスの紹介と、これを使ったハイボール「トリスハイボール」の紹介→試飲→作る

というなんともありがたい試飲会。素敵です。

P1000705.JPG実はハイボールというものは、今年になって初めて角のハイボールを飲むようになり、さっぱりしててビールより飲みやすいなと思っていました。


●トリスとトリスハイボールの説明
今日の試飲会でいろいろと説明を聞くと、元々ウイスキーが好きな者としては、面白過ぎる説明まで聞かせてもらう。(は〜、へ〜、とか妙に感心してまう)

熟成樽の上面・下面にはオークではなく、杉を使ってるらしく、細かいところにもこだわってトリス作ってるようです。


■トリスハイボールと角ハイボールの違い
まず使っているウイスキーの、トリスの方は、このハイボールに使うことを前提にしたウイスキーとして作られたらしく、その為か、非常に爽快感がある飲みやすい飲み物。
角は、もちろんウイスキー角瓶を使ったハイボールで、ウイスキー単体としてもおいしく飲めるものをハイボールにしているので、トリスハイボールに比べると重厚感があるといってました。
私的に言えば、パンチがあるということ。

P1000707.JPG■作ってみた!
トリスハイボールを早速作らせてもらったんですが、まずは、基本の「黄金比=トリス:炭酸=1:4」がベストとのこと。(飲み慣れてくると、炭酸の4→3になってちょっと濃いめになってくるそうです)

といっても適当です。とりあえず、サントリーの方に作っていただいたものを飲みながら、自分で作ってみる。

●炭酸
●トニックウォーター
●ジンジャーエール
●コーラー

いろいろつくってみて、試飲してみました。
トニックウォーターは、それだけでもよく飲むので、ハイボールもこれが気に入るかなと思ったんですが、炭酸で割ったのが一番スッキリ・さっぱりして飲みやすかったです。
ま、これは、個人の趣向ですが。。。

トリスハイボールの「話を聞いてみて」「飲んでみて」「作ってみて」トリハイのおいしさがちょっとだけ分かったような気がしました。

サントリーのスタッフの皆様、ありがとうございました。

  1 2 3 4 5 6  

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。