東京のグルメの最近のブログ記事

クライアントと六本木ヒルズの焼き鳥屋「百鳥」でサシ飲み会食が終わり、ホテルに戻る途中にちょっと寄り道。バーで1杯だけ飲んで帰ろうと思って、お気に入りの銀座のバー「スタアバー」へ寄ることに。
20150610230445.jpg今回は普段あまり飲まないアイリッシュウイスキーをおまかせでお願いする。

今回飲ませていただいたのは、「ブッシュミルズ シングルモルト10年」。

アイリッシュもブッシュミルズも詳しくないので、スタアバーで教えてもらいましたが断片的にしか覚えてなく、改めて調べてみました。


●アイリッシュウイスキーの魅力と特徴
伝統的なアイリッシュウイスキーの製法と言うのは非常に特徴的な作り方であり、原料の主体は大麦麦芽と発芽させていない大麦を主体に作られています。そこにオート麦や小麦、さらにライ麦など5種類の原料を混合した後に糖化し、発酵を行い蒸留をするピュアポットスチルウイスキーというジャンルなのです。

原料の乾燥では香りが着きやすい方法を使用していないため軽やかな風味で、蒸留を複数回おこなうウイスキーが多いため、滑らかで軽快な飲み口が特徴です。ウイスキー初心者でも飲みやすいのがアイリッシュウイスキー最大の魅力で、癖が少なく、水や氷と合わせたりカクテルにしても失敗しにくい味わいです。
参照:http://xn--gcko9ayp8b.biz/irish/

●ブッシュミルズ
「ブッシュミルズ」は、スコットランド、アイルランドを含む"ウイスキー発祥地域"と言われるエリアの中の、アイルランド北部沿岸アントリウム州に位置し、アイルランドの現役蒸溜所の中で最も古い歴史を持つといわれているブッシュミルズ蒸溜所で生まれました。ブッシュミルズの製法はユニークで、そのユニークさの特長としてあげられるのが「トリプル(3回)蒸留」と「アンピーテッドモルト(スモークしていないモルト)の使用」と「100%麦芽化した大麦の使用」を組み合わせていることにあります。アイリッシュウイスキーの伝統的な特長である「トリプル蒸留」が、軽やかでフルーティな味わいを、そして、「アンピーテッドモルト」の使用がスモーキーさや土臭さのない親しみやすいスタイルを生み出しています。参照:http://www.kirin.co.jp/products/whisky_brandy/bushmills/

ブッシュミルズ シングルモルト10年
モルト10年 トリプル蒸留の特長がよくあらわれた、甘くてスパイシーなアロマのある個性的な味わい。・アルコール度数:40%・容量:700ml・原産地:北アイルランド参照:http://www.kirin.co.jp/products/whisky_brandy/bushmills/

グルメmasa九州:783店目の紹介。
20150609230302.jpg西麻布のワインバー「ゴブリン」からの二次会。会話の流れで唐揚げを食べよう!ということになって、近くのお店で唐揚げ食べれるところを探して見たんですが、見つけきれず焼き鳥に切り替えてお店を探してみる。

見つかったのが、西麻布にある焼き鳥屋「鳥よし」。

20150609230020.jpg唐揚げはなかったのですが、お店の方に5本おまかせで焼いてもらう。

東京・西麻布にあるワインバーのお店「ゴブリン」。
今年でもう4回目の利用です。
20150609193546.jpg今回の趣旨は、元同僚を呼んで同じ業界の情報交換という企画。

20150609194920.jpg

グルメmasa九州:782店目の紹介。
20150609122833.jpg東京出張中のランチを、東京オフィスのスタッフと一緒に食べに行くことに。
今回利用したのは、東京のオフィスの近くにある六本木のカレー屋「モティ」。

高校時代の仲間と六本木の居酒屋「松ちゃん」で飲んだ後に。バーに行こうということで連れてきたのが新橋にあるバー「ランドバー(アルチザン)」。

東京で数少ない行きつけのバーなので、6席しかないこのバーが空いてなかったらどうしようかと思ったものの、連れて行くしかないということでドアを開けたらちょうどお客さんが帰るタイミングだったので入れ違いで入ることができました。
20150528215912.jpgまず1杯目、おまかせででてきたのが「ザ・グレンリベット18年」。

偶然ですが、一緒に飲みに来た彼と大学時代によく家でグレンリベット12年をよく飲んでたのを思い出す。

このグレンリベット18年、普段なかなか飲まないのですが、おすすめされたのでせっかくなので飲んでみました。

甘い香りが飲みやすくてうまし!

オーナー曰く、ウイスキー需要が急に高まる中どの蒸溜所も出荷量の調整が難しいという中で、グレンリベットは安定的な供給量ということで、味も安定して時代に左右されない旨さがあるとおっしゃってました。

そういえば、ラガヴーリンは一時期16年が入手困難になったときがありましたが、その時もグレンリベットはどこでも飲めるウイスキーでしたね。

常に安定的に供給できるウイスキーというのは、やっぱすごいですね。
山崎もとうとう年数表示なしのものも出てきましたしね。

東京・六本木にある激安の大衆居酒屋「松ちゃん」で今回で2回目の飲み。
20150528200921.jpg高校時代の仲間とのひっさしぶりの再開。彼も「松ちゃん」というアダ名なので、「松ちゃんと松ちゃんで飲む」夢が叶いました!?

松ちゃんと最後に飲んだのが、2008年8月12日長崎の「華善」で水炊きをを一緒に食べた記憶なので、かれこれ7年ぶりの再開のようです。

東京・西麻布にあるワインバー「ゴブリン」。今回で3回目の来店。
20150512192819.jpg3月から毎月利用させてもらってますが、今回はクライアントの部署に新メンバーが入ったのでその歓迎会をさせていただくことに。

20150512191723.jpgオードブルの内容も毎月変わってて、来るたびに新鮮な気持ちでいただけます。

グルメmasa九州:779店目の紹介。
20150407214447.jpgゴブリンでの1次会の後に、2次会のお店として利用させていただいたのが、たこ焼きバー「0306」。

20150407221248.jpgたこ焼きが食べれるバー。素敵なお店です。

東京・西麻布にあるワインバー「ゴブリン」。先月に行ったばかりですが、4月もまた来ちゃいました。
20150407193341.jpg今回の食事はちょっと不思議なメンバー4人の集まり。

●いつもお世話になっているクライアント
●そのクライアント案件で協業させてもらった会社のCOO
●私が務めている会社のCOO

後付ですが、今回の趣旨は「女同士のCOOまつり」でしょうか。
私の会社のCOOと飲みたいという烈々なオファーを頂き、成立した企画。

20150407201914.jpg

東京出張で、ちょっとだけ時間があったので、久しぶりの東京で一人飲み。

いつもいくバーに予約なしで行くと満席のため入れず。
次の店も、前から気になってたところで初めて行ってみたもののそこも満席。。。

結局、スタアバーまで来てしまいました。

20150324212527.jpg1杯めはローランドモルトの3回蒸溜「オーヘントッシャン12年」。

飲んだ記憶があるようなないような・・・

東京のグルメのブログ記事 5 / 26

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち東京のグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日記・エッセイ・コラムです。

次のカテゴリは沖縄のグルメです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。