福岡のグルメの最近のブログ記事

DSC00091東京のクライアントさんとの会食で、ここ、寿司「やま中」を使わせてもらった。2〜3年ほど前に、一度、ランチで食べに来たことがあったが、夜は今回が初めて。ほんと久しぶり、回らない寿司だったので、食べるのに夢中でした。

DSC00092ここ、「やま中」の紹介記事を書くに当たって、いといろと調べてみると、建築家「磯崎新」さんに繋がった。福岡・本店の寿司「やま中」の設計はあの世界的に有名な建築家・磯崎 新さんらしい。
世界的??私知りませんでした・・・・
たしかに、いろんな飲食店の建物を意識的にみてきたが、普段見慣れない建物なので、つい、挙動不審にきょろきょろと見てしまった。こうなるんだったら、この「やま中」の建物、写真取りまくればよかったと後悔・・・

【やま中】本店
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目8-8
   →地図参照
TEL:092-731-7771

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★☆
 【接待につかえる】★★★★★
 【両親と一緒に 】★★★★★
 【子供連れ   】★☆☆☆☆
 【いやされる  】★☆☆☆☆
 【おしゃれ   】★★★★★
 【おいしい   】★★★★★


やま中 本店 ( 薬院 / 寿司 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

DSC00068友達が沖縄料理を食べたいということで、迷わず、ここ沖縄料理の「HIGA」へ。実は、この店、以前ひとり暮らししていた場所から歩いて30秒で着くぐらいの距離に住んでいたので、ちょくちょく食べに行っていた。

ここにくると必ず頼むのが、オリオンビールとすす音、ゴーヤチャンプル、タコライス。これははずせない。

【HIGA】
住所:福岡県福岡市南区塩原3丁目3-13 朝日プラザ大橋3-1F
   →地図参照
TEL:092-542-5299

★人気blogランキング参戦中です。
 「グルメmasa九州」情報が役に立った方は、
 ここをクリックしてください。

DSC00065ACTUS福岡店に家具を見にきたついでに、ランチを「キムカツ」で食べる。以前から、ここのトンカツ屋の話をいろんな人から聞いていたが、なかなかこのビルに用事がなかったので、今回が初めての「キムカツ」での食事。昼の一番忙しい時間にもかかわらず、全く待つことなく、店内に入れたが、食べに行った知り合いに聞くと、結構待たされるといっていたので、逆に驚く。

次に驚いたのは、メニュー。
見方が全くわからず、最初に店員からの説明も一切なし。メニューの見方がわからず、店員に聞かない自分が悪いのか、サービスが悪いのか、そんなことはもうどうでもよくて、どう注文すればいいのかが全くわからないのはショック。嫁さんからメニューの見方を教えてもらいながら、なんとか注文できる。(海外旅行じゃないのに、日本で注文がわからんとは・・・)

DSC00064とりあえず、初めてだったので、「ぷれーん」を頼んだが、実際に出てきてちょっとがっかり。量が少ない。やっぱ、「キムカツ」よりは「浜勝」が値段・量も自分には合っているようだ。もちろん、ここの「キムカツ」のトンカツもおいしかったが、この値段から考えると、「かつ吉:長崎市万屋町3-21-1F」のトンカツが断然うまい。(大学を卒業してからだから、8年ぐらい食べてないので、久しぶり食べたくなってきた)

「値段が高いからうまかろう、安いからまずかろう」の間違った解釈は、今後も気をつけないと。

「福岡no街」さんでも「キムカツ」が紹介されています。

【キムカツ】
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通4-1-36 Bivi福岡ビル6F
   →地図参照
TEL:092-715-1129
URL:http://www.kimukatsu.com

★人気blogランキング参戦中です。
 「グルメmasa九州」情報が役に立った方は、
 ここをクリックしてください。

DSC00049うなぎを食べに、柳川へ。行く前にいろいろと調べると、どうも、うなぎは「若松屋」か「本吉屋」がメジャーらしい。今回は、「若松屋」へ行く。天気のいい週末だったので、店の前に多くの人が並んでて、店に入るまで待つこと約20分。さらに、「せいろ蒸し」を注文してから待つこと30分。結局、1時間ぐらいまって、念願の「うなぎのせいろ蒸し」にありつける。
普段、仕事の昼休みに食べる弁当や、定食屋では、頼んですぐ食べるのに慣れてるので、これって「スローフード」かなと、ふと思いながら、ホクホクしたうなぎをひたすら食べる。いつもそうだが、おいしいものを食べるときは、つい無言になってひたすら食べるのに集中してしまう。

柳川で、うなぎを食べたので、次は柳川なべでも食べにいこう。

【うなぎ・若松屋】
住所:福岡県柳川市沖端町26
   →地図参照
TEL:0944−72−3163
URL:http://ww22.tiki.ne.jp/~wakamatuya/

若松屋 ( 西鉄柳川 / うなぎ )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ


DSC00029風邪とインフルエンザの合わせ技一本をとってしまい、先週末は、ひたすら寝てました。そんなかな、義父が差し入れに持ってきてくれたのが、このばかでかい、いちご(苺)。写真で見るとわかると思うが、この「あまおう」といういちご(苺)はとにかくでかい。でかいだけかと思ったら、いちご特有の酸っぱさが少ない代わりに、甘みが通常よりあると感じた。このいちごを調べてみると、「あまおう」は
「あ」あかい
「ま」まるい
「お」おおきい
「う」うまい
というネーミングらしい。(この辺は、正直どうでもいいけど・・・・)
とにかく、見た目は大きすぎて笑ってしまった。福岡に住んでいながら、こんなものがあったなんて知りませんでした。

【いちご(苺)「あまおう」販売先】
 URL:http://www.rakuten.co.jp/imazin/548955/601984/

★人気blogランキング参戦中です。
 「グルメmasa九州」情報が役に立った方は、
 ここをクリックしてください。

DSC00020幼稚園の時から付き合いのある幼なじみ「F」と久しぶりに二人で飲みに行く。

焼鳥食べて、2件目、どこに飲みに行こうかと考えて、ふと昔よく通っていたバー「ヴィサージ」を思い出した。

この店は、以前大名小学校の前にあったけど、4年ほど前に、場所・スタッフが変わって、新しくなった「アーク・ヴィサージ」には1回も行っていなかった。

気分的にも、行きつけの店ではなく、初めていく店にいきたかったので、「F」と一緒にいく。

DSC00022「アーク・ヴィサージ」ではなく、昔あった「ヴィサージ」は、福岡で働くようになってから、最初の行きつけのバーだった。バーテンも当時年が近くて、出身地も同じだったので、ほんとよくしてもらっていた。

今、自分が好んで飲んでいるスコッチ(アイラ)は、この「ヴィサージ」でいろいろと勉強させてもらった。当時は、グレンリベットをよく飲んでいたが、「ヴィサージ」では、スコッチが並んでいる棚が、左からスコッチでも飲みやすい物が並べられており、右にいけべいくほど、ウイスキーらしい、独特の「香り」や個性的なものが並べられていた。当時は、一番左からしか飲めなかったが、飲み続けていくと、前回は、左から何番目まで飲んだから今度は、ここから飲むというような飲み方で、気づいたら、味がよくわからないなりに、すべてを制覇していた。それから、また左端のスタートに戻って飲み始めると、ほんと、スコッチでもいろんな味があるなと改めて驚いた覚えがある。

もし、「ヴィサージ」に通っていなかったら、今のスコッチ好きはなかったかもしれない。それほど、自分にとっては大きい影響を与えてくれた店。

DSC00023そんな店をふと思い出して、新しくなった方の店に飲みに行きたくなった。はたして、8年ほど前に通っていた店と、今の新しい方のお店はどう変わったか!久しぶりワクワクしながら店に入る。

酒を並べている棚を確認したが昔のように、左から並んでいるか?・・・・いや、ならんでなかった。(ちょっと残念)

メニューを広げると、真っ先に目に飛び込んできたのが、「ポートエレン21年」(ボトラーズ)!

普段こういう物って常時在庫しているものでもないから、メニューには載せないのが普通なのかなと勝手に解釈していたので、逆にびっくり。ラガヴーリンなどのアイラのスコッチが好きだと、もう、飲むしかない。

いつものようにハーフロックで「ポートエレン21年」を頼む。やっぱ、おいしかったが、ちょっと酔っぱらっていたので、うまく味のコメントはできません・・・


ポートエレン21年」も、あと少ししか残っていないので、飲まれてしまう前に、また、飲みに行こうとなぜか自分に誓った。

※今回飲んだポートエレン→「ポートエレン21年ダグラスラング1978

DSC00024次、何かないかなと思っていたら、今まで飲んだことがない「カリラ12年」もメニューみてると、目に飛び込んできた。スコッチ(特にアイラ)で飲んだことがないものって、どうしても注文しないと気が済まない。早速頼んでみたが、正直な感想は「おいしくて、私にはおいしくなかった」。

結構個性的な味・香りが好きなので、それから比べると、私とってはおいしくなかった。。

これで、おそらくアイラのスコッチは一通り飲んだかなと思ったもつかの間、バーテンの方から、こちらもありますよと、不思議なボトルを出してもらった。

飲んでいるときは、そのお酒の名前を覚えていたが、家に帰ってくると、もう忘れてしまった。次行ったときにでもその、「なんだかよくわからないアイラのスコッチ」を飲んできます。

10年間、ポイントを絞って、バーに通ってると、こんなお酒との出会いも、無性にたのしいし、隣で一緒に飲んでいた「F」も酒好きで、自分が好きな酒を淡々と飲んでいた

。よく二人では、かっこいいオヤジになりたいねとよくいっている。「F」!どうすれば「かっこいいオヤジ」になるんやろうか。10年後、20年後、どうなってるかお互い楽しみ!

「アーク・ヴィサージ」をでて、次の店は「Bar Feel」に行ったが、結婚式の2次会があってて、結局「Bar Holly Water」で、アードベック、ラガヴーリンを飲む。「Bar Holly Water」を出た後、友達は、もう一軒、行きつけのBarに顔出すということで、そこで分かれる。

最終電車で帰る予定だったので、0:00の電車に乗って帰ろうと思うと、土曜日は最終電車が0:00ではなく、23:47ということを知り、乗り遅れる・・・・

結局タクシーで帰って「8320円」の出費。一番高かったのは、お酒代ではなくタクシー代という、いらないオチがついてしまった。

2007.9.17現在、お店は無くなっているようです。。。

【バー アーク・ヴィサージ】
 住所: 福岡県福岡市中央区赤坂1-6-21
    →地図参照
 TEL: 092-737-7958
 営業時間: 18:00〜翌3:00

050212-210053ここの「辛ねぎラーメン」は、めちゃおいしいです。スープも麺もおいしくて、1度食べるとやみつきです。私の記憶では、本店(福岡市野間四つ角近辺)の店内の片隅に、「つまんでご卵」の段ボールがあったので、ここの卵麺か、煮卵かにこの「つまんでご卵」を使用しているのかなと思ってます。ちなみに、この「つまんでご卵」は、福岡の志摩にある有名な卵で、その名の通り、黄身をつまむことができます。
050212-205923お店の写真は、春日店です。もともとここの「辛ねぎラーメン」を初めて食べたのは、福岡市の野間四つ角近辺の本店でした。前職の先輩に連れて行ってもらって、もうそこからはまってしまいました。

【郷家】(ごうや・ゴウヤ)
 住所:福岡県春日市春日3-58-2
    →地図参照
 TEL:092-592-3317

★人気blogランキング参戦中です。
 「グルメmasa九州」情報が役に立った方は、
 ここをクリックしてください。

福岡のグルメのブログ記事 16 / 16

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち福岡のグルメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは神奈川のグルメです。

次のカテゴリは福岡:中洲のグルメです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。