ジョンウォーカー オールデスト「LAND BAR artisan」東京・新橋

東京出張のときによく通う新橋にあるバー「ランドバー アルチザン」。今日もまた来てしまう。地元福岡のバーで飲むより、東京で飲む方が多くなってきました。

毎回ランドバーでは貴重なウイスキーを手頃な値段でいただいているので安心してなんでも頼めるし、逆にお任せでウイスキー出していただくこともあるんですが、今回はじめて私に無くなる前に飲んで欲しいウイスキーがあるということで出していただいたものがこれ。20160112222710.jpgぱっと見、ジョニーウォーカーのブルーラベルかなと思ったんですが、よくよく見ると「ジョンウォーカー オールデスト」でした。シングルモルトばかり飲む方なんで、普段なら飲まないのですがこんな貴重なウイスキーをおすすめしてくれるランドバー、素敵です。

ジョンウォーカー オールデストについて紹介する前に、ジョニーウォーカーから簡単に紹介します。

●ジョニーウォーカーは
ブルー:ベリーオールド(ブレンデッド)
ゴールド:18年(ブレンデッド)
グリーン:15年(ヴァッテッド)
スイング:17年(ブレンデッド)
黒ラベル:12年(ブレンデッド)
赤ラベル:ノンエイジ
ということで、「ブルー」が一番熟成の長いウイスキーになるんですが、この「ブルー」ラベルの前進に当たるのが「ジョンウォーカー オールデスト(ブルーラベル)」です。

写真にあるように、「AGED 15 to 60 YEARS」と記載されています。
つまり、1930年以前の原酒もブレンドされているそうです。(すごい!)

ただし、ラベルの表記は最も短いモルトの熟成年数を表示しないといけないので、この表記がなくなり「ジョニーウォーカー オールデスト」→「ジョニーウォーカーブルーラベル」と名前が変わっていったそうです。

参照サイト:http://osakeurunara.com/nagano/archives/982/

さらに「ジョン・ウォーカー」について詳しく紹介しているサイトはコチラです。
http://takasaki001.web.fc2.com/johnnie.html

ということで、今回頂いた「ジョン・ウォーカー」、とっても貴重なお酒ということがわかりました。次行くときはもう無くなってると思いますが、素敵なウイスキーとの一期一会も楽しいですね。

ジョンウォーカー オールデストを頂いた後に、もう1杯飲んで帰ろうと思いおまかせで出していただいたのが、「HEDGES & BUTLER Royal scotch whisky 21 Years old 」
よく見ると「ウイスキー特級」と記載があり、酒税法が変わる前の1989年よりも前のウイスキーです。まだまだ特級ラベルも残ってるんですね。

これもうまかったです。

ランドバーほんと素敵なお店ですが、カウンター7席ぐらいしかない小さなお店なので少人数で行かれることをおすすめします。

20160112224426.jpg


バー【ランド バー アルチザン】東京・新橋
住所:東京都港区新橋3丁目15−6、村上ビル B1F
TEL:03-3433-4322
 →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★☆☆
 【接待につかえる】★★☆☆☆
 【両親と一緒に 】★☆☆☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★☆☆
 【おいしい   】★★★★★

このブログ記事について

このページは、masaが2016年1月12日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニュージーランド料理「ワカヌイ」東京・芝公園」です。

次のブログ記事は「レストラン「茅乃舎」福岡・久山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。