2015年8月アーカイブ

グルメmasa九州:797店目の紹介。
20150831132734.jpg熊本までドライブし、お昼に熊本らしいもの食べようかなと思っていると、道沿いに味千ラーメンがあったので、入ることに。

熊本ドライブだとどこにでも見かけるラーメン屋ですが、熊本を味わいたく利用させていただきました。

クライアント主催の暑気払い、2次会が終わって帰りがけにちょっとだけ一人で飲みたくて行きつけのバー「ランドバー」に寄ることに。
2015082100441.jpg1杯目は、最近飲みだしたバーボンのハイボールをおまかせで出していただくと、これが出てきました。

オールドホーバーホルトのハイボール。

オールドオーバーホルトとは
オールド・オーバー・ホルトはストレート・ライ・ウイスキーの代名詞。ストレート・ライ・ウイスキーはカクテル・マンハッタンに必ず使われるベースです。オールド・オーバー・ホルトの特徴としては、ライ麦使用規定が51%のところを59%使っていることが挙げられますが、そのことで香りはより一層熟成感をもつものに仕上がっています。ちなみに、ラベルに描かれている人物はドイツ系開拓民3世でオールド・オーバーホルト社の創設者、アブラハム・オーバーホルトです。
参照:http://www.smilecorp.co.jp/wine/brandStory.php?brandId=92
とのこと。トウモロコシではなくライ麦というのがいいですね
ライウイスキーは初めて頂きました。

2015082101146.jpg2杯目は、「メインバライル 1980」(32年 47.3%)キングスバリー

これまたうましです。

調べてみると
「メインバライル 1980 キングスバリー」は
シングル・カスクのブレンデッド・ウイスキーとのこと。

使われた原酒はグレンロセス、グレンゴイン、タムデュー、ブナハーブンのシングル・モルト。ノースブリティッシュ、ポートダンダス、キャメロンブリッジのグレーン。
参照:http://blog.livedoor.jp/malt_samurai/archives/51477980.html

20150820232513.jpg最後の締めは、ランドバーオススメのカクテル「スカイボール」でさっぱり締めて、さっと帰る。

ほんと素敵なバーです。

グルメmasa九州:796店目の紹介。
20150820224235.jpgクライアント主催の暑気払い、2次会は月島にあるスペイン料理のお店「月島スペインクラブ」

20150820223341.jpg20人ぐらいが集まっての飲み。いい感じで酔っ払ってるので、何飲んだか、何食べたか、いまいち思い出せない。。。

20150820212735.jpg

グルメmasa九州:795店目の紹介。
20150820202548.jpg
東京のクライアント主催の「暑気払い」ということで、取引のある各社が集まっての飲み会。

会場の「ルーク レストラン」からの眺めがあまりにもキレイだったので、今回は食べ物の写真ではなく夜景の写真。

グルメmasa九州:794店目の紹介。
20150819205053.jpg東京出張で、久しぶり東京の同僚と飲み。

以前からちょっと気になっていた「とり皮専門店:かわ屋」へ行くことに。

福岡にある「かわ屋」の東京進出ということで、ちょっと気になっていってきました。

20150819210332.jpgとり皮も福岡に比べると高い価格設定は仕方ないですが、東京にいながら福岡で慣れ親しんでいる「とり皮」専門店で食べれると思うと、有りですね。

20150819211056.jpg
とり皮、まずは、一人10本注文からお願いします。!

東京・新橋にある行きつけのバー「ランド バー アルチザン」へ。

まず1杯めに頂くウイスキーをお任せすると、「トマーティン (TOMATIN) 」を出していただきました。

ハイランドのトマーティン蒸溜所、調べてみました。

トマーティン蒸留所はロンドンから北西に約900km、スコットランドのハイランド地方の主要都市インバネスから南に約25kmにいったところにある人口約500人の小さなトマーティン村の中にあります。蒸留所の近くには"ネッシー"の伝説で有名なネス湖があり、まわりには伝統的なスコットランドの風景が広がっています。休日ともなるとスコットランドだけでなく、世界中からこの小さな村の蒸留所をめがけてたくさんの訪問客が来ます。蒸留所の名前である「トマーティン」とはこの村の名に由来しており、スコットランドやアイルランドの古語である「ゲール語」で「杜松(ねず)の木の茂る丘」を意味します。蒸留所自体は標高315mの場所に建てられており、世界一標高の高い蒸留所の1つとされています。美味しいウィスキー造りに欠かせないものがトマーティンには揃っています。まず重要なものの1つとして「水」。トマーティン蒸留所では、モナリアス山系から湧き出す清らかな水を仕込水に使っています。この水は村を流れる小川から汲みとっており、畏敬の念を込めて「オルタ・ナ・フリス(自由の小川)」と呼ばれています。花崗岩の間をゆっくりと時間をかけて通って湧き出たこの水は、ミネラルが多すぎず、程よい軟水になるため出来上がったウィスキーも柔らかで繊細な味わいになります。美味しいウィスキーはトマーティンを取り巻く手付かずの大自然の恩恵の中で育まれています。次に重要なのはウィスキーの造り手。トマーティンでは蒸留所内の住居に住み、何世代にも渡って働き続ける人達がたくさんいます。そういった人達のトマーティンにかける情熱が「トマーティン」というウィスキーをより美味しく素晴らしいものにしています。1897年の創業当時からその情熱は今現在も続いています。現在のマスターディスティラー(蒸留所責任者)であるグレアム・ユンソン氏。現在は約22万樽のウィスキーが世界中のモルトファンを唸らせる時を待って静かに眠っています。

参照:http://liquors.kokubu.co.jp/?/p/brand/bid/1101/

20150818224759.jpg
今回頂いたトマーティンは「トマーティン 14年 ポート・ウッド・フィニッシュ」

13年間リフィルバーボン樽での貯蔵によって充分に成熟させた後、さらに1年間、ポートパイプ(ポートワイン樽の事)で仕上げの熟成をさせました。ポートの深みある甘い芳香と豊かな果実感あふれる味わいが、トマーティンモルト本来のやわらかな酒質と絶妙に溶け合い、瑞々しさがさらに際立ったピーチやマンゴーのニュアンスがくっきりと現われています。深い赤みを帯びた琥珀色。レッドベリー、焼きリンゴとともに、コクのあるトフィー、バタースコッチの香りが感じられ、甘いハチミツと苦味あるダークチョコレートが加わります。味わいは、ピーチ、アンズ、マンゴー、プラムといった果実と、クルミ、ナッツ等がバランスよく感じられます。フィニッシュは、まろやかなフルーツサラダといった趣きで、ゆったりと続きます。ノンチルフィルタードです。
参照先:http://liquors.kokubu.co.jp/?/p/item/kcd/7740080/

東京・西麻布にあるワインバーのお店「ゴブリン」。
今年で5回目の利用。
20150818191231.jpg今回の趣旨は、新しく入社した東京のスタッフをクライアントに紹介しようと言う趣旨での飲み会。

20150818191940.jpg

20150818210934.jpg今の期間、モンサンミッシェル産のムール貝のフェアがされていたので、早速頂くことに。
20150818194644.jpgうましです!!

長崎での仲間との飲み。5件目は、浜町にあるラーメン屋「思案橋ラーメン」で締めることに。
2015081522157.jpg

福岡に住んでいると、ラーメン食べる機会が多いのですが、一番好きなラーメンといえば、私はこの長崎の思案橋ラーメンか、三八ラーメンのどちらかなんですよね。。。

思案橋ラーメンが最近有名になりすぎているようなので、行列で待ち時間があるときは三八ラーメンによく行ってます。

今回は、深夜ということで行列もなく、思案橋ラーメンで頂きました。

美味しゅうございました。

長崎での仲間との飲み。4件目は、長崎に帰ってきた時に必ず立ち寄るバー「ジャマイカ」。
2015081504248.jpg男4人でテーブル席でひたすらのんでました。

長崎での仲間との飲み。3件目は、最近長崎帰ってきた時によく利用しているバー「ラパン」。

20150814231216.jpgまず頂いたのはこれ。
ザ モルトマン グレンキース18年 。

ウイスキー産業で45年を超える経験を持つドナルド・ハートがハートブラザーズのブランドを譲渡後、息子のアンドリューと共に2009年グラスゴーで立ち上げた新しいボトラー。

業界での長い経験を生かし独自のルートで選び出した樽を同社オリジナルブランド『ザ・モルトマン』としてボトリングしています。

香りはシリアル、バニラ、草っぽくてとてもフレッシュ。ミディアムボディでバニラと穀物の甘さ、フローラル、フレッシュ、オークの特徴。フィニッシュは長くスムース、とてもリッチ。
育ちの良いモルト、プレーンなスタイルでバランスが秀逸。

参照:http://www.cdm-optics.com/

20150814235501.jpg
2杯めは、「BALLECHIN 8TH RELEASE  Sauternes Cask Matured」。

ハイランドのエドラダワー蒸溜所から新しく出ているタイプ「バレッヒェン BALLECHIN」。エドラダワーは何度も飲んだことがありますが、「バレッヒェン BALLECHIN」は初めて。

●DETAILS
The eight and final release in Ballechin's The Discovery Series. Matured in first fill Sauternes hogsheads throughout it's life, this was released in 2013. The next Ballechin to be released after this one, will be the 10 year old in Summer 2014, which will be the core expression going forward.

参照:https://www.thewhiskyexchange.com/P-21218.aspx

グルメmasa九州:793店目の紹介。
20150814225149.jpg長崎の仲間との飲み。2軒目は長崎のジャズバー「さろまにあん」。

20150814222501.jpgカナディアンクラブのハイボールでさっぱりと頂きました。

お店のお客さんも50代前後と年齢層高めでしたが、素敵なお店でした。

グルメmasa九州:792店目の紹介。
20150814220328.jpgお盆休みに実家の長崎に帰り、地元の仲間と飲むことに。

連れてきてもらったバーが、長崎市鍛冶屋町にあるお店「ラボラトリオ ディ アージョ (Laboratorio di Agio)

お店の入り口にドアがない!この壁がドアになってます!
面白い。

20150814213923.jpg店内を見渡すと普通のバーのようでしたが、メニュー見ると、カクテルのアイスを液体窒素でつくるという理科の実験のような面白いお店です。

普段あまりカクテル飲みませんが、せっかくなので、「グラスホッパー」を液体窒素で冷やしたアイスクリームをお願いしました。

グルメmasa九州:791店目の紹介。
20150812230126.jpgお盆休み前の最終日。会社の仲間とフラッと飲みに行くことに。

スタートの時間も遅く、人数少なかったので、あえてお店の予約をせずに、さまよいながらお店を決めることに。

いつも電話してもなかなか予約が取れない人気の店「雷橋」へ、直接行ってみると、ちょうど席が開いていたので入ることに。

初「雷橋」です。

ここって、ミシュランにも載ってるお店なんですが、その前から私がお世話になっている美容室の子からおすすめされ続けてました。(Mさん、やっといけましたよ!)

20150812211928.jpg炉端焼きということで、目の前の炭火で注文したものを焼いてくれるという、シンプルだけですっごいうまい!

このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。