バー「ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド」大阪・曽根崎新地

20150223234344.jpg大阪出張編。

クライアントとの会食後、シメは一人飲み。

半年ほど前の大阪出張で初めて行ったバーがあまりにも素敵な店だったので、また来ました。(前回行った「ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド」の記事はこちら。

まず1杯目は、「グレンリベット ザ・ガーディアンズ チャプター」
グレンリベットは何度も飲んでますが、これは飲んでなかったです。日本には1000本限定なのでなかなか貴重です。

「ザ・ガーディアンズ チャプター」とは、以下転載して紹介します。

日本での『ザ・ガーディアンズ チャプター』の展開は、2013 年 9 月 30 日(月)にホテルニューオータニ大阪で、「ザ・グレンリ ベット」の WEB 会員「ザ・グレンリベット ガーディアンクラブ」の方々(一般消費者)を招いたスペシャルイベント「ガーディ アンズ・パーティー」を開催し、3 種類のウイスキーのテイスティングを行いました。各ウイスキーに合わせて"和"の食材との マッチングもご提案し、「CLASSIC」には"白あん"、「REVIVAL」には"水茄子"、「EXOTIC」には"いぶりがっこ"をお試しいた だき、大変好評が得られました。その他、東京、札幌、高松などのバーでもテイスティング・イベントを開催し、投票いただき ました。結果、「CLASSIC」が 36%、「REVIVAL」が 21%、「EXOTIC」が 43%の投票数を獲得し、世界中の投票結果と同 様に「EXOTIC」が日本でも一番人気でした。
世界中のウイスキー愛飲家によって選ばれた『ザ・ガーディアンズ チャプター』の「EXOTIC」。日本では1000本の限定販売。当初お知らせしていた期日より輸入がさらに遅れる見込で2014年9月頃発売

実は私も「ザ・グレンリ ベット」の WEB 会員「ザ・グレンリベット ガーディアンクラブ」会員なんですよね。今回は福岡ではなかったので参加できませんでしたが。。。

通常のグレンリベットよりは、ほのかな甘さがちょうどよくこれはウマシ!


2015022401451.jpg2杯目は、これまで飲んだことがないちょっと変わったアイラ。
「オクトモア 06.3 アイラバーレイ」
詳しい解説は
http://whiskymag.jp/br_ib/
こちらから一部抜粋していますが
「オクトモア06.3 アイラ・バーレイ」は、蒸溜所から1マイル離れたオクトモアファーム内のローグバフィールドで栽培された麦を使用、まさにオクトモアの中のオクトモアだ。
「オクトモア スコティッシュ・バーレイ」を上回る258ppm、史上最強のピーティさを誇る。そこまでピーティなウイスキーなど、飲めないのではないか?と思うかもしれない。しかしブルックラディの背が高くネックの長いスチルが、限界までピートを焚きこんだ煙の奥に隠された麦のアロマをも丁寧に紡ぎ出している。5年間、アイラ島の潮風と肥沃な土の香りの中で熟成したそのままの状態、カスクストレングス...64%でボトリングされている。
テイスティングしてみると、香りは当然の如く、煙、ピート、煤。加水すると野原の可憐な花の香りが解ける。海からのドライブ中にタイムやローズマリーが生い茂る庭園を通り過ぎたよう。そして暖炉の灯る家に辿りつく。
味わいは舌を焦がすような刺激が落ち着くと、プラムやトフィー、カカオなどの甘さとほろ苦さが一気に訪れる。フィニッシュは再びピートスモーク。通りすがりの人は私を喫煙者だと思うだろうというほど、辺りは煙の香味に覆われる。そして舌先に残るとろりとした蜂蜜、樽の内側の木の香り。

とのこと。実際に飲んでみましたが、アイラの中でもちょっといっちゃってる部類なので面白いお酒ではありましたが、ちょっと私には合わなかったです。

とはいえ、「オクトモア 06.3 アイラバーレイ」は、このバーの名前の通り「ジムマッキュワン」の名前が付いているので、飲むんだったらここで飲めたこと自体を楽しめました。

先日、第1回ウイスキー検定を受験し、無事3級・2級どちらも合格しましたが2級は合格点数ギリギリでした。

あと1点でも足りてなかったら不合格だったんですが、そのうちの1点は、半年前にここ「ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド」で飲んだから覚えていた内容が試験に出たので、合格はこのバーのおかげでもあります。

ありがとうございました!

ワイン【ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド】大阪・曽根崎新地
住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1丁目11-9京屋ビル1F
TEL:06-6344-3151
地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★☆
 【接待につかえる】★★☆☆☆
 【両親と一緒に 】★★☆☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★☆☆
 【おいしい   】★★★★★★

このブログ記事について

このページは、masaが2015年2月23日 23:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワイン「ワインプラネット」大阪・阿波座」です。

次のブログ記事は「珈琲「ブルーボトルコーヒー」東京・平野」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。