BAR「ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド」大阪・曽根崎新地

グルメmasa九州:727店目の紹介。

2014070205806.jpg以前仕事仲間から大阪のおすすめのバーを聞いていて、今度大阪出張の時に行こうと思っていたバー「ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド」。

会食が終わって一人での帰り道に立ち寄っることができました。

飲んだお酒の紹介の前に、この店、私の備忘も兼ねていろんなキーワード記しておきます。

●「ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド」
 ■大阪・曽根崎新地にあるバー

2014070214201.jpg
●「ジムマッキュワン」
 ■以前は、ボウモア蒸留所で"ブランド・アンバサダー"まで務めた。
 ■現在は、アイラ島の蒸溜所「ブルイックラディ蒸溜所」のマスターディスティラー。

●「ブルイックラディ蒸溜所」
 ■「ブルイックラディ蒸溜所」は1994年に一度閉鎖されたものの、
  2001年5月に蒸留所の閉鎖を惜しむ新オーナーによって操業が再開された。
  新オーナーの一人がウイスキー業界に伝説を残した「ジムマッキュワン氏」
 ■ウイスキー一覧:http://www.bruichladdich.com/the-whisky
  ◆グルメmasa九州で紹介したブルイックラディのウイスキー
   http://www.gourmet-masa-kyushu.com/2012/08/bar_15.html
   http://www.gourmet-masa-kyushu.com/2013/06/bar_18.html
 ■ジン一覧:http://www.thebotanist.com/
  ◆グルメmasa九州で紹介したブルイックラディのジン
   http://www.gourmet-masa-kyushu.com/2013/02/bar_17.html

●なぜ店名に「ジムマッキュワン」がついているの?
 ■ジム・マッキュワン氏より直々に店名を頂きプロデュースされた店とのこと。

2014070205137.jpg↑お店に0:45に入ったのですが1時までのお店ということらしく、サッと飲んでサッと帰ろうと思い、「ラフロイグPXカスク」をストレートで頂きました。ラフロイグ好きですが、PXカスクは初めて見ました。いつものラフロイグらしさと違って甘く飲みやすくなってました。
ラベルに「triple matured」と記載されていたので調べてみると、1番目がメーカーズマークのファーストフィルのバーボンバレル。2番目がクォーターカスクで、3番目がPXカスク。それぞれの熟成期間は5~7年、7~9ヵ月、そして12ヵ月とのこと。
うまし!

2014070213639.jpgバックバーに、歴代のグレンリベットのボトルが!
グレンリベットを20年前から飲み続けているので、このボトル見ただけで懐かしくなりテンションも上がります!
アイラも好きですが、私がウイスキー好きになったきっかけはグレンリベットなんですよね〜

2014070212754.jpg2杯目は、「アードベッグ・オーリヴェルデ」これも初めて。

アードベッグから、5月31日〈土〉のアードベッグ・デーに限定商品「オーリヴェルデ」が発売されます。樽の蓋の部分を特殊な加熱処理加工により、スモーキーなアードベッグに、モカ・コーヒーやクリーミーなバニラの風味が加わり、夢のような味わいが実現しました。

「オーリヴェルデ」の名称は、黄金色に輝くウイスキーの色(auri=金)と、アードベッグのアイコン的なグリーンのボトル(verdes=緑)に由来します。また、この2色を国旗に掲げる、ワールドカップの開催国ブラジルのナショナルチームの愛称としても親しまれています。

■5月31日は「アードベッグ・デー」
アイラ島で毎年5月最終週から6月第1週にかけて(2014年は5月23日~5月31日)、ウイスキーと音楽の祭典「アイラ・ウイスキー・フェスティバル(Islay Festival / Feis Ile)」が開催されます。期間中、日替わりで各蒸留所の「オープン・デー」が開催され、熱心なモルトファンが現地でしか購入できない限定商品を求めて蒸留所を訪れます。アードベッグで今年発売される限定商品が「オーリヴェルデ」です。

参照先:http://digitalpr.jp/r/7656

BAR【ジムマッキュワンバーウィスキーアイランド】大阪・曽根崎新地
住所:大阪府大阪市 北区曽根崎新地1丁目11-9京屋ビル1F
TEL:06-6344-3151
URL:http://www.kitchen-dan.jp/
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★☆
 【接待につかえる】★★★☆☆
 【両親と一緒に 】★★★☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★★☆
 【おいしい   】★★★★★

このブログ記事について

このページは、masaが2014年7月 2日 00:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「串揚げ「くしかつ 凡」大阪・堂島」です。

次のブログ記事は「肉まん「551蓬莱」大阪・伊丹空港」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。