博多玄海の幸「魚末」福岡・大名

仕事の打ち合わせでというか、企画の打ち合せというか、10数年前からの友達ですが仕事的な話をするのは今回が初めてという不思議な感じ。

気を使う相手でもないので、魚が食べたいといわれ、待ち合わせ場所から近い「魚末」へ行くことに。

仕事の話を最初にちゃちゃっとやっちゃって、あとは、酒を飲みながら魚をいただく。
20140214220104.jpg刺し身は、この「きびなごの刺し身」酢味噌で頂きます。

子供の頃、よく食べていた記憶がありますが、子供の時はきびなごの刺し身嫌いでした。あの小骨がどうも嫌だったんですが、年とると、きびなごの刺し身がおいてる店だとつい頼んでしまいます。

うましです!!

20140214215512.jpg2品目は、「なまこ酢」。

魚末の今日のなまこ酢は、「赤なまこ」と「黒なまこ」のハーフアンドハーフでした。
食感の違うものをそれぞれいただきながら、これは酒が進みます。

20140214220255.jpg3品目は「かき焼き」。

一緒に飲んでた友達が以前、生牡蠣にあたったらしくそれから生は避けてるということで、焼き牡蠣をいただく。

これまたうまし!

20140214220841.jpg最後は、カレイの煮付け。

接待では使えないような大衆的なお店で、そこが好きなんで、あえてそういうお店へ連れて行くような企画での接待なら、福岡の魚料理堪能していただけるかもです。

博多玄海の幸【魚末】福岡・大名
住所:福岡県福岡市中央区大名2丁目1−30 A・IビルB館 1F
TEL:092-713-7931
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★☆☆
 【接待につかえる】★★★★☆
 【両親と一緒に 】★☆☆☆☆
 【子供連れ   】★★☆☆☆
 【いやされる  】★★★★☆
 【おしゃれ   】☆☆☆☆☆
 【おいしい   】★★★★★

このブログ記事について

このページは、masaが2014年2月14日 22:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モンテプルチアーノ・ダブルッツォ/ヴァレンティーニ 2001年「ラメンサ」東京・芝」です。

次のブログ記事は「リンクウッド 12年「モモタバー」福岡・大名」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。