2007年11月アーカイブ

クラブメッド カビラ沖縄県石垣市にあるホテル「クラブメッド カビラ」へ、社員旅行で行く。

沖縄は、生まれて初めて行く土地。

それだけでも妙にテンションがあがる。

それに、このホテルのビュッフェが実は楽しみにしてました。

クラブメッド カブラ 沖縄・石垣島ビュッフェスタイルだと、どうしても取りすぎて、食べたいものが入らないこともしばしばあるので、できるだけ、こういう時は、まずは、何も料理を取ることなく、全料理を1周回って見回す。

そして、2週目で、1品を少〜しづつとって、あとは、目の前で調理してくれる物を優先的に選んでいく。

自分の中のビュッフェスタイルとでもいいましょうか。
なんども、食べたいものがお腹に入らない経験をしていくと、自分のスタイルがいやでもできてきます。
単なる食いしん坊なんですがね。

朝食・昼食・夕食、全て、このビュッフェスタイルで、もう幸せでした。


【クラブメッド カビラ】沖縄・石垣島
住所:沖縄県石垣市字川平1
TEL:0980-84-4600
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★★★★
 【両親と一緒に 】★★★★★
 【子供連れ   】★★★★★
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★☆☆
 【おいしい   】★★★★☆

バー「マスターピース」長崎・浜町学生時代の仲間と長崎で久しぶりに飲む。
今回、長崎のバーで使ったお店は、長崎・浜町にあるバー「マスターピース」。

バーというよりは、店内にレコードぎっしりで、ソウルなどの曲がかかってるので、クラブにちかい。
とはいえ、踊れるスペースがないので、やはりバーか。。。

30過ぎのおっさん4人で、たわいのない話を、夜中3時までだらだらと酒飲みながら、だらだらと話す。

男だけで話が盛り上がる、貴重な学生時代の友達です。

その中の一人は、幼稚園からの付き合いなので、もう29年の知り合い。


バー【マスターピース】長崎・浜町
住所:長崎県長崎市浜町11−12
TEL:095-820-1105
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★☆☆☆☆
 【両親と一緒に 】☆☆☆☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★★★
 【おいしい   】★★★★☆

鹿児島黒豚「華蓮」福岡・春吉某クライアントの編集長が東京から福岡に来られたので、会食を何処にするかなやむ。

せっかく福岡にこられるので、何系が食べたいか事前にヒアリングしてみると「肉・にく・ニク」とのこと。

久しぶりに、こういうオーダー。

福岡で「肉」を食べるをキーワードに考える。考える。探す。探す。

どうせなら私も食べたことがないものがいいなと思い、社内のスタッフにヒアリングしまくると、中洲に近い福岡の春吉にある「華蓮」を紹介される。いろいろ調べてみると、この「華蓮」は、JA鹿児島の直営店らしく、鹿児島黒豚などが、食べれるというお店。これだけでも楽しみ。

どんなコースにしようかと思い、お店に電話して相談してみると、しゃぶしゃぶ・ステーキ・せいろ蒸しのどれかの調理法が選べ、鹿児島黒豚・鹿児島黒牛など好みの肉が食べられるとのことで、何が一番よくでますかと尋ねると、しゃぶしゃぶか、せいろ蒸しですねと回答される。

まよわず「せいろ蒸し」というと、もう1つ貴重な情報をいただく。

せいろ蒸しだと準備が20分ぐらいかかるので、予約なしで飛び込み来店の場合は、しばらくまつことになりますよといわれる。予約だったので、事前にその準備をしていただいてもらえることに成功!

クライアントさんをお待たせすることなく、スムーズに会食スタートすることができました。

久しぶりに幹事をしましたが、電話での予約の際、如何にお店の方から貴重な情報を得られるか。
幹事の醍醐味ですね。

黒豚せいろ蒸し「華蓮」福岡・春吉福岡・春吉にある「華蓮」で、はじめて黒豚の「せいろ蒸し」を食べましたが、さっぱりしてて、すっげーうまかったです。
黒豚の下には、もやしがぎっしりと敷き詰められてます。さらに、この黒豚のせいろのしたには、野菜がぎっしりと。
肉も野菜も、おなかいっぱいいただきました。

美味しゅうございました。


鹿児島黒豚せいろ蒸し【華蓮】福岡・春吉
住所:福岡県福岡市中央区春吉3丁目11−19
TEL:092-725-1905
URL:http://www.karen-ja.or.jp/shop/index_karen_hakata.html
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★☆
 【接待につかえる】★★★★★★
 【両親と一緒に 】★★★★★
 【子供連れ   】★★☆☆☆
 【いやされる  】★★★☆☆
 【おしゃれ   】★★★★☆
 【おいしい   】★★★★★

<2012.8.19現在:お店が移転してます>
レストラン南:092-927-1121
福岡県朝倉郡筑前町二239-1

レストラン南
原鶴温泉の帰りに、最近はまっている「道の駅」で買い物して、その後、ランチで入ったのが朝倉郡夜須町にある「レストラン南」。

「レストラン南」では、コース料理などもありましたが、単品ハンバーグをセットで頼む。

あとで知ったんですが、この「レストラン南」では、オムライスが有名のようでした。
ただ、その時はどうも胃が欲しているのはハンバーグだったので、迷わずハンバーグを頼む。

コース料理などもあり、ゆっくり食事を楽しむことの出来る店でもあったようですが、子供を連れていたので、さっと食べて、さっと帰りました。

次は、オムライスにチャレンジしてみます。


自然工房レストラン【南】福岡・朝倉・夜須
住所:福岡県朝倉郡筑前町長者町170
TEL:0946-42-4511
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★☆☆
 【接待につかえる】★★☆☆☆
 【両親と一緒に 】★★★☆☆
 【子供連れ   】★★★☆☆
 【いやされる  】★★☆☆☆
 【おしゃれ   】★★☆☆☆
 【おいしい   】★★★☆☆

原鶴温泉「ビューホテル平成」子供を連れての近場の温泉先として原鶴温泉へ行く。

今回、宿泊したのは、その原鶴温泉にある「ビューホテル平成」。写真にあるように、この高台からの景色はめちゃめちゃきもちよかです。

いつも日田方面に行く高速道路から見上げていたこのホテルにいつか泊まりたいと思っていたら、その夢が早速叶う。

ビューホテル平成:福岡・朝倉・杷木・志波夕食は個室でしたが、そこからの眺めもまたスゴクいいです。
流石、「ビューホテル」というだけあって、ホテルからの眺めは最高です。

眺めのよいホテルでまったりしたいときは、おすすめできるホテルです。

ちなみに、この地名の福岡県朝倉市杷木志波の「志波」。
柿の産地ですごく有名らしいです。

「らしい」というのは、実は私が柿にまったく興味がなく、生まれてから一度も柿を食べたことがないので、まったく興味がないんです。

食べず嫌い+食べる機会がなかったという貴重な経験?

このまま食べないまま記録を伸ばすつもり・・・


原鶴温泉【ビューホテル平成】福岡・朝倉・杷木・志波
住所:福岡県朝倉市杷木 志波203−1
TEL:0946-63-3515
URL:http://www.viewhotelheisei.com/
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★☆
 【接待につかえる】★★★★☆
 【両親と一緒に 】★★★★★
 【子供連れ   】★★★★☆
 【いやされる  】★★★★★★
 【おしゃれ   】★★☆☆☆
 【おいしい   】★★★☆☆


ザ・グレンリヴェット25年オープン当初からの行きつけの福岡・大名にあるBar feel。

何かとが忙しく、一人でBar行くこと自体がめっきり減ってきたちょうどそんな時に、オーナーからメールがくる。

メールの内容は、「 feel モルト倶楽部 」というものができ、会員を募集とのこと。
モルト好きな私にとっては、なんとも素敵な倶楽部。迷わず、即入会させてもらう。

THE GLENLIVET XXV「 feel モルト倶楽部 」とは、
20年以上熟成の高級モルトウィスキーをほぼ原価にて飲める倶楽部。

毎月1本、20年以上熟成の高級モルトウィスキーを仕入れ、仕入れ原価の20で割った金額で1ショット提供。20名限定の倶楽部。毎月ボトルが入荷したら、会員にメールがくる。

メール発信から10日間は会員のみ提供で、それ以降は一般の方へも提供。但し、その際の価格は適正に利益をのせた価格。

10日目以降でも会員には会員価格にて提供ですが、在庫がなくなり次第提供終了。

とのこと。20名の会員って、すっごいお得です。
長年通ってて、ほんとよかったと思う一瞬です。

グレンリベット「feelモルト倶楽部」のウィスキー第1弾の企画は「ザ・グレンリヴェット25年 THE GLENLIVET XXV」です。

グレンリヴェット12年は、大学時代に味もよくわからずに、それでも一番良く飲んでいたお酒で、当時酒屋で2500円ぐらいで買えていた記憶がある。

とにかく、私のスコッチの修行は、このグレンリヴェットから始まり、このスペイサイドから徐々にアイラの味に馴染んでいった、ほんと忘れられない思い出のお酒。

そのグレンリヴェット25年を飲ませていただく。

1ショット飲ませてもらいましたが、最初はテイスティンググラスで飲ませてもらい、横にグレンリヴェット12年のショットもおいて飲み比べる。
(ちなみに、このテイスティンググラスは、あのウィスキーの方で有名なマイケルジャクソンがデザイン)

飲み比べ、すっごい楽しいです。同じ酒でも25年ものは、ここまでまろやかになるかと感動しまくる。ほんと、うまかったです。

こういう企画を立ててくれた feel のオーナーさん、素敵です。

改めて、Bar が好きだったんだなと、再認識させてくれた「THE GLENLIVET XXV」でした。

●グレンリヴェット公式サイト:http://www.theglenlivet.jp/より以下抜粋
ザ・グレンリヴェット25年/THE GLENLIVET XXV
2007.3.1発売
品質、パッケージともに権威と最高峰を表現する「ザ・グレンリベット25年」。1980年に樽詰めされたバーボン樽熟成の原酒を、2004年から2年間ファースト・フィルのオロロソ・シェリー樽を用いて仕上げ熟成。レンジのなかで最長の熟成を経た逸品で、ザ・グレンリベット本来の個性を生かしながら、シェリー樽由来のナッツやスパイスなどの風味が幾重にも調和する深い味わいと琥珀色に輝く豊かな色合いをもつ、最高峰の品質に到達。

香り
シェリー樽熟成による、熟したフルーツやスパイス香にウッディな香りが調和。

味わい
スパイシーな中に、ダークチョコレートやオレンジ・ピールの風味を伴う深い味わい。

フィニッシュ
ドライでスパイシーな風味が長く続き、最終的にフルーティーな甘さが余韻となって残る。

初回リリースは日本100本限定

ザ・グレンリヴェット25年【 Bar feel 】福岡・大名
住所:福岡市中央区大名1丁目10−10KIビル 4F
TEL:092-725-0280
URL:http://www.bar-feel.jp/
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★☆☆☆
 【両親と一緒に 】★☆☆☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★★★
 【おいしい   】★★★★★

このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。