2007年2月アーカイブ

白レバー@一羽今の会社で私がお付き合いしているクライアントの中で一番古くからの付き合いの方と久しぶりに一緒に飲みに行く。
今回利用したところは、東京・銀座にある焼鳥屋「一羽」。焼鳥屋といっても、福岡でよくいく焼鳥屋のような小汚いイメージではなく、入り口入った瞬間にワインが並んでて、スゴクおしゃれな焼鳥屋。

注文をするときに、お店のスタッフの方がいろいろとおすすめしてくれて、白レバーを薦めてくれたので食べてみる。この白レバー、なにやらすぐなくなるらしく、お客さんの中には、飲み物を頼む前に先にこの「白レバー」を先に頼む方もいるらしく、それほど人気のあるものらしい。(この写真が白レバー)

野菜盛り合わせ@一羽焼き鳥だけでなく、変わったところでは、この写真にある野菜。
これは何かといえば、この盛り合わせの野菜から何を食べたいか自分たちで選んで、食べさせてもらうという趣向。おもしろい!
魚の盛り合わせでは、福岡にある「イムリ」で経験したが、同じようなスタイルで野菜というのは、ほんと初めての体験。こ
で、ウド、タケノコをいただきました。


焼き鳥【一羽】東京・銀座
住所:東京都中央区銀座6丁目7-15
TEL:03-3574-0283
  →地図参照
  全国のオススメ店舗をドコイク?で今検索!

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★★★☆
 【両親と一緒に 】★★★★☆
 【子供連れ   】★★★★☆
 【いやされる  】★★★★☆
 【おしゃれ   】★★★★☆
 【おいしい   】★★★★★

パン:フィネス土曜日の朝、嫁さんがいきなり、福岡県筑紫野市の原田駅近くにあるパン屋「フィネス(FINESSE)」に行こうと突然言い出す。何の前情報もなく言われるがまま車で一緒に行くと、なんともおしゃれな店構えでかなり雰囲気のいい感じ!(携帯電話を不携帯だったので、店舗の写真を撮れませんでした・・・)

パンはもちろん美味しくて嫁さんはクロワッサンがえらくきにいってました。
それにプラスして、私が好きなヨーグルト「伊都物語」シリーズの牛乳もあり、この牛乳は初めてだったんで、もちろん一緒に買っていただきました。
これからちょくちょく、休日の朝食は、原田駅近くにあるパン屋「フィネス(FINESSE)」を利用するつもり。


パン屋【フィネス(FINESSE)】福岡・筑紫野市
住所:福岡県筑紫野市原田6丁目5-1
TEL:092-926-3276
  →地図参照
  全国のオススメ店舗をドコイク?で今検索!

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★☆☆
 【接待につかえる】☆☆☆☆☆
 【両親と一緒に 】★★★☆☆
 【子供連れ   】★★★★☆
 【いやされる  】★☆☆☆☆
 【おしゃれ   】★★★★☆
 【おいしい   】★★★☆☆

もつ鍋:八兵衛会社のスタッフ二人が、1月末、2月中旬でそれぞれ退職することとなり、送別会は仕事の都合で欠席だったので、個人的に男3人の送別会をさせてもらった。使った場所は、福岡市中央区警固にある、もつ鍋「八兵衛」。会社で、飲食店に詳しいスタッフに聞くとここを教えてもらい、早速電話で予約して行く。

ここのもつ鍋は、白味噌と3種類のスープを混ぜたもの。この白味噌というのに訳があり、その理由はこのあと紹介します。

店内の雰囲気もオシャレで、照明も若干暗く落ち着いた感じ。もつ鍋屋独特の小汚さは全くなく、女性と一緒に食べに行く際に、もつ鍋の店を探すなら意外とオススメできるよさげなお店。

店員の方も教育が行き届いているようで、自然な接客ともてなしは、スゴク良かった。

もつ鍋の味ですが、女性も食べにいけるように、最初からにんにくがたっぷり入っているわけでなく、味付けはあっさりしている。ちなみに、私は、風邪気味だったので、自分の小鉢にたっぷりにんにく入れて食べてました。

最後に、もつ鍋といったら、チャンポン麺が多いが、ここでは、雑炊にして、その上にチーズとブラックペッパーをのせて、リゾット風で食べました。
もつ鍋の残りで、リゾット?
最初は、怪しさ満載でしたが、実際に食べてみるとこれがかなりうまい。こういう食べ方ができるのは、白味噌仕立てだからかとあとで気づく。

もつ鍋の王道として、福岡のもつ鍋を堪能したことがある人に、2回目以降もつ鍋屋に連れて行かないといけないときには、オススメできるかも。

最後に、ここのお店、2007年2月13日時点では、カード使えないので、現金ちゃんともっていくように気をつけてくださいまし。


もつ鍋【八兵衛】福岡・警固
住所:福岡県福岡市中央区警固1-4-27
TEL:092-714-4893
  →地図参照
  全国のオススメ店舗をドコイク?で今検索!

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★★★★
 【両親と一緒に 】★★★★★
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★☆
 【おしゃれ   】★★★★★
 【おいしい   】★★★★★

「蛍七人間」上海

陶器の箸@蛍七人間グルメmasa九州:上海出張編。
この上海にある「蛍七人間」というお店。

すごいです!もうはまっちゃいました!!
何がスゴイかというと、
おしゃれなお店でセンスもいいのに、遊び心が満載。

まず、最初に面白いのは、入り口。
●●●
●●●
●●●
手を入れる穴がこんな感じで9つあって、そのうち2つアタリで、アタリに手を入れたら横にある入り口の扉が開く。
この仕掛けを見ただけで、店内はもっと面白いのがあるかなとさらに期待がふくらむ!

蛍七人間@洗面台店内に入り注文の前にトイレに行くと、ある仕組みがあって、そこをクリアしないとこのトイレの中には入れませんでした。入り方をいうと、ネタバレになるので、ここでは教えませんが、私は頭悪いので一人ではこの中に入ることができず、助けを呼びました・・・
それでも、怒るわけでもなく、逆におもしろ〜いと一人感動して、もうこの店のファンになってしまった。

ビールグラス席に戻り、ビールを注文すると、もちろん中国のビールの青島ビールで、おもしろいのは、このビールグラス。
グラスだけだとテーブルの上に立たないので、ちゃんと立てるものが別についている。グラスでこんな遊び心があるのは、ペニーリップグラス以来で、これまた、ここのお店を好きになってしまう。

蛍七人間食事ももちろん美味しくて、中華をおしゃれなお店で食べる上海のスタイルを垣間見ることができた。

帰り際に、店内で綺麗な女性とすれ違ったが、一緒に食事した中国人の方がその綺麗な人を見て、上海のテレビ局のアナウンサーだといってた。といっても、上海のアナウンサーはまったく知らないし・・・


【蛍七人間】中国・上海
住所:上海市静安区巨鹿路805号
  →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★★
 【接待につかえる】★★★★★
 【両親と一緒に 】★☆☆☆☆
 【子供連れ   】☆☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★
 【おしゃれ   】★★★★★★
 【おいしい   】★★★★★

南翔饅頭店@上海グルメmasa九州:上海出張編。

上海出張で、最初の食事が「ザ・中国」らしく、小龍包で有名なお店「南翔饅頭店」。
1階がテイクアウト(しかも安い)で、2階、3階に上ると、値段が上がっていくシステム。日本だとあんまりそういうのはない。

地元でもココの小龍包が有名らしく、今回でここは2回目だが、毎回ここは1階のテイクアウトに行列ができている。そこまで有名らしい。

といっても、このお店は、福岡のハイアットにもあるらしく、この情報を上海で知るという何とも贅沢な話。

小龍包@南翔饅頭店上海にくると、どうしてもこの小龍包は毎回食べてしまう。
このブログ書いている今も、この肉汁を思い出してよだれが・・・
レンゲにのせて、小龍包の皮を破り、先にスープをすすって、最後に一口で小龍包をほおばる。

また、食べたくなってきた。

日本の「南翔饅頭店」でも小龍包をを食べることはできますが、本場中国・上海へ行くことがあれば、是非おすすめのお店です。


小龍包【南翔饅頭店】中国・上海・預園
★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★☆☆
 【接待につかえる】★★★☆☆
 【両親と一緒に 】★★★★☆
 【子供連れ   】★★☆☆☆
 【いやされる  】★★☆☆☆
 【おしゃれ   】★★★☆☆
 【おいしい   】★★★★★

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。