干鍋@上海・南京西路

干鍋上海出張で、現地の中国人スタッフに連れてきてもらったお店。(店名の漢字がわからなかったので、店名明記していません)「干鍋」を最初口頭で聞いたときは、「火鍋」と勝手に解釈して、そうとう暑いんだろうなと思っていましたが、間違っていました。

「干鍋」でした。

この鍋、中国のある地域の少数民族の料理らしい。

兎肉鍋以外にも、何か中国らしい食べ物食べたいなとメニュー見てると、「兎」と・・・

これって、「ウサギの肉」?と中国人スタッフに聞いてみると、そうですよと。

それならチャレンジ使用と言うことで、この写真にあるウサギの肉を食べてみました。
しいていうなら鶏肉に似た味でしたが、小骨が多くてちょっと食べにくかった。
しかも、調理法がとにかく辛くなっていたので、顔から汗が吹き出しながら食べてました。


干鍋:中国・上海
★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★☆☆
 【接待につかえる】★★★☆☆
 【両親と一緒に 】★★★★☆
 【子供連れ   】★★☆☆☆
 【いやされる  】☆☆☆☆☆
 【おしゃれ   】★☆☆☆☆
 【おいしい   】★★★★★

このブログ記事について

このページは、masaが2006年12月 5日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「居酒屋「吉里吉里屋」長崎・銅座町」です。

次のブログ記事は「機内食「中国東方航空」上海→東京・成田」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。