「Taman Wantilan」バリ・ジンバラン

Taman Wantilanグルメmasa九州:バリ島編3
今回のバリの滞在は「Four Seasons Resort Bali at Jimbaran Bay」で、まったりと過ごしていたが、全ての朝食はここ「Taman Wantilan」でとっていた。ちょっとした丘から海岸を見下ろし、その先は一面海が広がり水平線と青い空の景色を満喫しながら、さわやかに朝食をとる。
いわゆる日常の生活とは完全に異なった世界で、毎朝美味しい食事をとっていた。
火曜日のスペシャルメニューここ、Taman Wantilanでの朝食のスタイルは、日本の温泉旅館などになれていた私にとってはちょっとした驚きでした。というのは、今回の宿泊費に朝食費はもちろん含まれていたが、朝食はビュッフェスタイルではなく、メニューから選ぶ。このメニューがとにかく充実してて、しかもその1品1品に高い値段が明記されている・・・(ちょっとあせる)
あとから確認すると、このメニューから何を頼もうと、どんなに食べようとそれが宿泊費に含まれているとのこと。(庶民には最初理解できませんでした・・・)
かといって調子に乗って頼みすぎて食べきれないときは、申し訳ないので、そんなに頼まず。でもほんとは、もっと腹一杯食べたいという矛盾に悩みながら、朝食をとる。
もちろん、メニューを見てからの注文なので、全ての料理が注文後作られてくるので温かいまま美味しく頂ける。何か、こういうのってなかなか朝食ではないのでこれだけでもう感動もの。
日本の新聞そして、もう1つ嬉しかったことは、毎朝朝食の受付を通るときに、1枚モノですが当日の日本の新聞紙をもらって日本のニュースを把握しながらの朝食。スタッフの方々も、親切・絶えない笑顔でもういうことなし。ここで初めて「いいサービスをうけてるな」と自分で思い直す。

【Taman Wantilan】バリ・ジンバラン
URL:http://www.fourseasons.com/jimbaranbay/dining/taman_wantilan.html

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★★★★
 【両親と一緒に 】★★★★★★
 【子供連れ   】★☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★★★
 【おしゃれ   】★★★★★
 【おいしい   】★★★★★★★

フルーツヨーグルト
ミーゴレン
トルティーヤ
フレンチトースト
クロワッサン

このブログ記事について

このページは、masaが2006年8月16日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イタリア料理「PJ's」バリ・ジンバラン」です。

次のブログ記事は「アジアンンヌードル「Warung Mie」バリ・ジンバラン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。