イムリ:福岡・谷

イムリ:入り口今日は、福岡・桜坂にあるイムリへ食べに行く。

実は、このお店2回目で、1回目は、今の会社の入社が決まって社長と食べにきた以来なので、4年ほど前に来たことになる。

それ以来、場所が天神からちょっと離れているので、なかなか「イムリ」まで行こうという考えをまたなかった。今回は、嫁さんが久しぶりに、ちょっといいもの食べに行きたいといってきたので、電話で席だけ予約して「イムリ」へ行くことに。

魚を選ぶ早速店内に入って、飲み物のメニューを見ているときに、この写真にあるように、今日のおすすめの魚が、持ってこられた。これ見ると「あわび」をどうしても食べたくなった。

これいくらするんだろうとメニューを見てみると、100gで3800円。ここの写真に写っている「アワビ」だと360gぐらいあるので、2人で食べるなら、もう少し小さいものがいいですよと店員さんに進められ、お造りにしてもらう。

もう、この時点で金銭感覚が壊れ始める・・・

アワビのお造り注文して、出てきたのが、このアワビのお造り。アワビも、今までの食感だと、コリコリしておいしい!という感じなのだが、ここ「イムリ」で食べたアワビは、柔らかくてめちゃめちゃおいしい!!さらに、アワビの肝も生まれて初めて食べた。これも、ほんとうまい。

今日は、車で来ていたからお酒は飲めなかったが、このアワビと肝の組み合わせだったら、無性に日本酒飲みたくなってきた。車で来てなかったら、もっとおいしく食べれたのにと残念に思いながら、トニックウォーターを飲みながら食す。

子牛のサルティンボッカアワビでお腹いっぱいになったと嫁さんがいいながら、まだまだ食べ物が出てくる。

とにかく、出てくる食べ物すべてがうまくて、「うまいまい!」を連呼しながら食べまくっていた。「イムリ」の店内は、最近のこじゃれた和風料理店に近いが、決定的に違うのが、この店から眺められる景色。今回は、窓際ではなかったので、店内から眺める景色の写真はありませんが、予約するときに、眺めのいい席が開いているかどうか、聞いてみるのをお進めします。

エビのかき揚げ・穴子の一本揚げ内装は、和風のイメージが心地よく、さらによかったのは、Adiemusの曲が店内でかかっているということ。しかも、よくよく聞くと、私も持っているアルバム「The Best Of Adiemus」の曲が流れている。

和風のイメージのあるお店って、ジャズが流れていることが結構あるが、今日のような選曲は、たまたまであっても、個人的には、音楽もよかった。店内で聞く音楽もタイミングがあると、お店のイメージがさらによくなるから不思議。

久しぶりにうまいものを堪能した分、散財しまくり・・・
また、明日から貧そな食事になります。

【イムリ】
住所:福岡県福岡市中央区谷1-3-15
TEL:092-762-7070
URL:http://www.kanzan.net/imuri/    →地図参照

★グルメmasa九州:独断と偏見指標(★5満点)
 【デートに使える】★★★★★
 【接待につかえる】★★★★★
 【両親と一緒に 】★★★★★
 【子供連れ   】★☆☆☆☆
 【いやされる  】★★★★☆
 【おしゃれ   】★★★★★
 【おいしい   】★★★★★★★



拡大地図を表示

Bar イムリ2009.5.17
会社のスタッフの送別会として、二軒目のお店で使ったのが、ここイムリ。

予約では、Barのコーナーを予約したんですが、席が一杯だったらしく、入店後、しばらくはテラス席で食事もとりながらまったり待つことに。

たまたま、退社するスタッフの転職先の会社に知り合いが居たので、その人も呼んで3人で食事をすることに。

イムリ ロールケーキ私だけ門限があるので、早めにお店を出ましたが、帰りがけにレジの前でタクシー呼んでもらってるときに、カウンターに、イムリのロールケーキがお土産で売ってるのを見る。

よっぱらった勢いで、嫁さんのお土産に、このイムリのロールケーキを買って帰る。

これも、美味しゅうございました。

このブログ記事について

このページは、masaが2006年5月28日 05:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インド料理「タージ」:福岡・大橋」です。

次のブログ記事は「和ダイニングバー「夢祥」:福岡・西中洲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。