筋湯温泉「小松別荘」:大分・九重

DSC00184九州の温泉ツアー二日目は、熊本の黒川温泉の南城苑から、大分の筋湯温泉、小松別荘へ。これが思っていた以上に、いい宿でした。風呂が4つあり、全て内側から鍵がかけられるので全てが家族風呂というシステム。子供連れなどでゆっくりしたいときには、こういったシステムの家族風呂があると便利。
DSC00186料理は、桜肉がでてきたり、キノコのグラタンが出てきたりと、とにかく次から次に料理が出てきて、おなか一杯になりました。写真にはないですが、地鶏のお吸い物が土鍋につがれてきて、これに大分名産の「ゆずごしょう」を入れて食べました。これば、めちゃめちゃうまい。「ゆずごしょう」って、九州に住んでいたので当たり前に食べてましたが、東京の人は、意外に知らない人が多く、そのとき初めて九州・大分の名産というのを知りました。(東京でも手には入るそうですが・・・)
地鶏の吸い物とゆずごしょうの組み合わせは、口にしておかないと、せっかく大分に来た意味がないです。
食うべし!

【小松別荘】筋湯温泉
住所:大分県玖珠郡九重町大字湯坪517−8
   →地図参照
TEL:0973-79-2432
URL:http://www.sujiyu-onsen.com/komatsu-besso/

★人気blogランキング参戦中です。
 「グルメmasa九州」情報が役に立った方は、
 ここをクリックしてください。

このブログ記事について

このページは、masaが2005年10月18日 04:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オーガニック・カフェ「weed」:大分・九重」です。

次のブログ記事は「ハンバーグ「キリン家(KIRINYA・キリンヤ)」:佐賀・基山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。