会食後にいつものように飲みに来たのが東京・新橋にある行きつけのバー「ランド バー アルチザン(LAND BAR artisan)」。20160407230423.jpg今回出していただいたウイスキーが、ブレンデッド・スコッチウイスキーの「WHYTE & MACKAY 30年」。

ブレンデットは普段飲まないので、良い機会をいただき飲んでみました。

調べてみると、こちらのサイトで詳しく紹介されていました。

●参照先:http://osakeurunara.com/nagano/archives/695/
ホワイト&マッカイは、1844年にジェイムズ・ホワイトとチャールズ・マッカイによって創業されました。スコットランドのグラスゴーからスコッチウイスキーの大手として成長しました。2007年に、インドの会社に買収され熟成年数の引き上げなどのリニューアルが図られました。ホワイト&マッカイブランドは頻繁に売りに出され、2013年にも売りに出されています。日本向けのボトルは「13年、19年、22年」とやや変則的な熟成年数の表記となっています。さてさて、その特徴は『モルトとグレーンの完全なブレンドであること』です。
ダブルマリッジ製法と呼ばれモルトとグレーンのウイスキーを綺麗にブレンドすべく後熟の工程を2回行います。

グルメmasa九州:824店目の紹介。
20160407222316.jpg東京のクライアントとの会食。今回利用したのは、東京・南麻布にある燻製料理のお店「麻布十番 燻製apartment 別邸」。

お店の入り口も通りから小道に入って行かないとわかりづらいまさに隠れ家的なお店。
20160407203130.jpgこのお店「麻布十番 燻製apartment 別邸」は、東京の事務所で働いている同僚の知人がお店を経営されているということで結構前から教えてもらっていたんですが、やっと行くことが出来ました。

店内は、ちょっと薄暗く落ち着いた感じです。

息子のサッカーの試合が久留米であり、その帰りに焼き肉食べたいということで帰りがけに寄ったのが西鉄久留米駅近くにある「焼肉の古賀」。
20160403175448.jpg以前1度利用したことがあり調べてみると、10年前の2006年に利用していました。(http://www.gourmet-masa-kyushu.com/2006/09/post_137.html

20160403181006.jpg

ワイン「野の」福岡・中洲

20160326205640.jpg福岡・中洲にあるワインバー「野の」で貴重なワインを頂く。

ワイン詳しくないのですが、「2009 Dugat-Py Gevrey-Chambertin Cru Champeaux」
こちらに詳しい情報がありました。

カルト的な人気。。。だそうです。
http://order.luc-corp.co.jp/shop/maker/maker.aspx?style=D&maker=10104850&

東京のクライアントと合宿(会議)二日目終了後の会食で利用したのが、福岡・今泉にある焼き肉のお店「天神ホルモン」。
20160326190622.jpgこの「天神ホルモン」は、一般的な焼き肉屋と違って、店名の通りホルモンの種類がそろっていて普段食べないようなものまでいただけます。
20160326190629.jpg

ここに来て必ず頂くのはこの「丸長」。臭みが全く無く脂の甘さがたまりません。天神ホルモン初めての方は、外せないメニューの1つです。
20160326190656.jpg

クライアントとの会食後の2次会は、福岡・中洲にあるワインバー「カーヴドルフージュ」へ。
20160325231723.jpgワイン詳しくないですが、いつもいいワイン飲ませていただいています。

今回、このカーヴドルフージュで頂いたワインは「Corton Bressandes Grand Cru 2008」。

ワイングラスもかなりいいグラスで出していただきました。
グラスのプレートがテーブルに吸いつく感じがいいワイングラスの要素らしいです。お店の方が、何個も確認して選りすぐりの同じグラスでも更に選りすぐりなグラスだけを仕入れていたそうです。

20160325201018.jpgクライアントとの会食で利用したのが福岡・上川端町にある水炊きで有名な「いろは」

3/25〜3/26に東京のクライアントと合宿(会議)を行い初日合宿の夕食で利用しました。

なんどか利用していますが、クライアントにも評判がよかったです。

週末家族で焼き肉といえば、福岡・小郡にある「大昌園」がお決まりのパターン。20160227174011.jpgこの焼肉屋「大昌園」は週末になればいつも多くて、18時以降予約なしでいくと1〜2時間待ちの覚悟は必要です。

なので、予約無しで待ち時間なしで食べたいので、その時は17時頃に行ってます。
20160227173036.jpg大昌園に行きだしてから、家族で他の焼肉屋にはほとんど行かなくなってしまいました。

「大昌園」おすすめです。

東京出張でちょっとだけ時間があったので、晩飯も食べずに行きつけの「ランドバー」へ行く。

写真は撮ってなかったんですが、1杯目は「ハイボールの氷なし」を頼む。普段こんなオーダーしないのですがランドバーでは頼んでしまう。これまでは竹鶴を冷凍庫で凍らせていたものを使っていたんですが、今回はジョニーウォーカー黒ラベルとウィルキンソンの炭酸で氷なしハイボールを出した頂く。

これはめちゃめちゃうまい!

ウイスキーが薄すぎず濃すぎず、ちょうどいい!氷なしなので最後までこのちょうどいい濃さが楽しめました。

20160225213919.jpg二杯目はウイスキーをおまかせで出していただく。それがこの写真「Octave (オクタブ)」

何度か飲んだことあるのですが、このラベルは初めて見ました。しかもよく見ると「Islay Blended Malt 1997」と書かれてて、興味が出てきました。

調べてみると、「Octave」はダンカンテイラー社のウイスキーブランドの1つとのこと。

ダンカンテイラー社は、ボトラーズ(独立瓶詰業者)の中で古い酒樽(特に1960年代)の保有数がNo.1らしくさらに興味が湧く。

ボトラーズはあまり飲む機会が無いのですが、アイラのブレンデットということでマスターが出してくれたんだと思います。こういうボトラーズは面白いですね。

ベースのウイスキーは、どうもアードベックのようです。
こちらのページに詳しい情報がありました。
ダンカンテイラー オクタブ アイラブレンデッドモルト [1997] 17年

20160225215829.jpg飲みながらマスターや他のお客さんとの話で盛り上がってると、マスターからカレー食べます?ときかれ夕食とってなかったので、頂きますと即答。

で、出していただいたのが、メニューにない本格的なカレー。

いままで何度も通ってるのでカレーを出すことがあるとは聞いてはいましたが、やっと今回頂くことができました。

スパイスが効いててうまし!!まさかこんな素敵な―バーでカレーがいただけるとは思ってなかったです。

グルメmasa九州:823店目の紹介。

6才の娘と二人でデート。自宅からちょっと足を伸ばし、うきは市にあるカフェ夢語寄家(むごよか)へ行くことに。

このお店を知ったのは、まるっと朝倉・うきはという雑誌で「うきは果樹の村 やまんどん」という場所を知りそこに行ってみることに。

この敷地に併設されていたカフェが今回利用したカフェ「夢語寄家(むごよか)」。
20160221143532.jpg駐車場から坂を登り、お店に行くと店内は満席。

順番になるまで、夢語寄家(むごよか)の周りを娘と探検することに。
20160221143754.jpg黒板にいちごがオススメと。

この看板みていちごのケーキを食べたくなる。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。